リボ払いから借り換えする

リボ払いをそのままにしておくと危険です。そのままにしておくなら、借り換えと言う方法でリボ払いから脱出をしましょう。
MENU

業界でも最低水準の低金利カードローン


オリックス銀行

オリックス銀行カードローンが多様な資金ニーズをサポート  

リボ払いから借り換えする

リボ払いをしているなら無駄にお金を支払っている状態です。

 

 

リボ払いの仕組みは、毎月の返済額が同じになりますので返済計画が立てやすいというメリットはあります。しかし、その分、お金を使っている感覚がなくなっていきますので知らない間に大きなお金を使っていたというケースがあります。

 

 

また、上限ぎりぎりにお金を借りた場合にはそれ以上は借りられない決まりとなっています。

 

 

返済をすればその余分だけはカードを使うことが可能となりますので、いつまでたってもお金が減らないという仕組みになっていますね。

 

 

つまり、リボ払いを選択した時点でクレジットカード内の借りりえ金額が一生無くなることは無くなりますので、一括返済が一度元金を減らすための大きなお金を返済していくことが大事となってきますね。

 

 

正直リボ払いの金利も高いので思っている以上に利息を支払っていることにもなります。利用者にとっては毎月の返済がラクというメリットはあるのですが、その分いつまでたっても無くならなというデメリットもありますので、ある意味一生返済をしていかなければならないという決まりになっていますね。

 

 

リボ払いから借り換え

リボ払は毎月かかるお金の負担を抑えることが可能な方法ですが、その分金利も高くなっていますので負担も大きいですね。

 

 

そのため、借り換えと言う方法でリボ払いを無くしていく方がメリットも高いでしょう。

 

 

借り換えをするなら低金利のキャッシングへ申し込みをすればよいです。借り換えとして、クレジットカード会社へ一括返済をします。

 

 

あとは、借り入れをしたキャッシングへ返済をしていけばリボ払いの高い金利で支払うことになる利息を抑えることが可能となります。

 

 

しかし、借り換えをする先を間違えると大きな損に繋がりますので注意をしましょう。

 

 

借り換えなら低金利のカードローン

借り換えをするなら低金利のカードローンをえらびましょう。

 

 

低金利のカードローンで借り換えをすればそれだけ利息を抑えることが可能となります。つまり、毎月の負担を減らすことが可能と言うことですね。

 

 

リボ払いのまま支払っていても正直負担が大きくなっていきます。リボ払いの金利は年利15.0%が平均となっており、12万円を毎月1万円ずつ返済をした場合には、総額は12、万9,459円となります。

 

 

しかし、低金利のカードローンで15.0%以下の金利で借り入れができれば今よりも利息を抑えることができますのでメリットの高いですよ。

 

 

 

 

 


オリックス銀行



オリックス銀行カードローン 詳細情報

オリックス銀行カードローン 審査

オリックス銀行カードローン 難易度

オリックス銀行カードローン 職業別

オリックス銀行カードローン ちょっと変わった利用方法

おまとめに関する情報

借り換え情報

リボ払い

カードローン 情報

低金利のカードローン 情報

キャッシング 複数社

キャッシング 複数社

カードキャッシング情報

キャッシング情報

消費者金融 情報

クレジットカード 情報

利息を減らす

金利を下げる

金利を減らす

複数 借り入れ 情報

借金返済

借金減らす

他社借入

リンク集

このページの先頭へ