金利下げる 借り換え

金利を下げるには借り換えという方法が一番いいです。借り換えをするだけで毎月数万円の差がでることもあります。
MENU

業界でも最低水準の低金利カードローン


オリックス銀行

オリックス銀行カードローンが多様な資金ニーズをサポート  

金利下げる 借り換え

金利を下げるなら、「借り換え」がベストです。

 

 

キャッシングを使ってお金を借りた方におおいのが、金利が高いキャッシングで借り入れをしてもそのままキャッシングを利用し続けることです。金利の高いキャッシングで返済をつづけていくとただ損をしているだけですね。

 

 

金利が高いと言うことは、利息が高くかかると言うことです。

 

 

しかし、多くの方は「借り換え」という選択肢も持たないまま高い金利で返金をし続けることになっています。借り換えを知っているのか?知らないのか?によっても大きく差が出てきます。

 

 

金利が高いといえば、消費者金融のアコム、アイフル、モビット、プロミス、他にもクレジットカードに付随をしているキャッシング機能。この2つは金利がキャッシングサービスの中でも最も高くなっています。

 

 

この2つのどちらかで借り入れをしているなら??今一度見直す方がいいでしょうね。

 

 

高い金利はどれくらい?

2つのキャッシングが金利が高いというのはわかったけれども、どれくらい高いの??

 

 

高い金利の数値は18.0%です。これは法的にも全く問題が有りませんが、金利設定のなかでは最も高い部類に入ります。法的に100万円以下の融資じゃ20.0%までは法的にOKとなっています。

 

 

遅延金などはこの20.0%が設定をされますが、どこのキャッシングを見ても上限金利は18.0%くらいに設定をされています。今、自分が借りているキャッシングの金利(年利)が18.0%を超えているなら高いとおもって間違いありません。

 

 

そこで、借り換えをしましょう。

 

 

低金利のキャッシングで借りた場合には大きな差がでてきます。もし、借りている総額が100万円を超えているならなおさらです。消費者金融の場合は100万円でも15.0%(100万円の法的金利)になりますが、銀行系のカードローンの場合は9.5%〜14.0%くらいに設定をされます。

 

 

100万円の借り入れの場合には0.5%の金利でもかなり差がでます。

 

 

100万円を消費者金融(年利15.0%)で借りた場合、毎月かかる利息は約12,328円ですが、銀行系のカードローンで(年利14.0%)で借りた場合には約11,506円になります。たった1.0%の年利でも月に800円ほどの差です。年間にすると9,600円になりますのでバカに出来ません。

 

 

これはあくまでも銀行系のカードローンで最大の金利に設定をされたときの話ですが、あなたの利用の状況によっては金利の設定ももっと低くなる可能性があります。

 

 

年利13.0%で月の利息は約10,684円

 

年利12.0%で月の利息は約 9,863円

 

年利11.0%で月の利息は約 9,041円・・・・

 

 

年利の設定でもこれだけ差がでますので、金利の高いキャッシングで借り入れをしているなら「借り換え」という方法がオススメです。借り換えの方法については次の記事をご覧下さい。

 

 

一緒に読まれています。
オリックス銀行カードローン 借り換え


オリックス銀行



オリックス銀行カードローン 詳細情報

オリックス銀行カードローン 審査

オリックス銀行カードローン 難易度

オリックス銀行カードローン 職業別

オリックス銀行カードローン ちょっと変わった利用方法

おまとめに関する情報

借り換え情報

リボ払い

カードローン 情報

低金利のカードローン 情報

キャッシング 複数社

キャッシング 複数社

カードキャッシング情報

キャッシング情報

消費者金融 情報

クレジットカード 情報

利息を減らす

金利を下げる

金利を減らす

複数 借り入れ 情報

借金返済

借金減らす

他社借入

リンク集

このページの先頭へ