クレジットカード 複数返済

複数のクレジットカードへ返済をしているならラクになる方法があります。それはおまとめローンですよ。
MENU

業界でも最低水準の低金利カードローン


オリックス銀行

オリックス銀行カードローンが多様な資金ニーズをサポート  

クレジットカード 複数返済

複数のクレジットカード会社へ返済をしているならおまとめロ―ンを利用しましょう。

 

 

おまとめローンは複数社から借金をしている方を救う便利な方法です。複数から借りているなら返済日も1回になりますし、返済をする金額も毎月わかりやすくなります。また、複数の借金をまとめるので1社での借りりえ額は大きくなります。

 

 

しかし、その分金利がさがりますので利息も下がるというメリットがありますので複数のクレジットカード会社へ返済をしているならおまとめローンを利用して下さい。

 

 

クレジットカードの借金の仕組み

クレジットカードにはショッピングとキャッシングという二つ利用方法があります。

 

 

ショッピングは買い物などで利用をして一括もしくは分割で返済をする方法です。よほど大きな買い物をしない限りは短期的な借り入れとなりますので金利が高いですが長期的に見た場合にはそこまで利息はつきません。

 

 

キャッシングは消費者金融が銀行系のカードローンと同じでお金を借り入れすることです。この場合は大きなお金を借りることがありますので長期的になりますし、利息も大きくなりますので注意が必要です。

 

 

クレジットカードのキャッシングの金利は18.0%が適用されるケースがおおいので、利息も結構高くなりますので注意が必要です。

 

 

しかし、クレジットカードにはさらに高い金利の利用方法があります。それはリボ払いです。

 

 

リボ払いは毎月の支払いは固定額となるという便利なサービスです。毎月5000円や8000円など自分である程度の借りりえ額まで選択をすることができます。しかし、毎月の返済額が同じになるのでクレジットカードを使っている感覚がなくなってしまうこともあります。

 

 

気がついたら毎月の返済額の大半は利息なので元金が全く減っていなかったと言うこともあります。

 

 

実はリボ払いは便利なように見えますが、金利が驚くほど高いので利息も多くかかりますので注意が必要です。そのリボ払いを複数でしていると大きな借金をなり返済が大変になってきます。

 

 

そのまま利用をしていてもリボ払いはずっと続くことになりますので、整理をしておまとめローンを利用しましょう。

 

 

おまとめローンを利用すれば、あとはそのキャッシングサービスへ返済をしていけばOKとなりますので非常に便利だと思います。

 

 

金利の比較表(クレジットカード)

 

借り入れ金額

金利

返済日

返済金額

A社

200,000円

18.0%

10日

10,000円

B社

150,000円

18.0%

15日

 8,000円

C社

350、000円

18.0%

25日

13、000円

 

この表の場合は金利が法的にも一番高い状態となっています利息も結構かかります。A社で計算をして見ると、毎月の返済額は10,000ですが利息は約3,000円かかっています。それを考えてみると結構高いですね。

 

 

これは3社ともなので総額の返済額が31,000円ですが、その中の利息は約6,000円と高いです、

 

 

しかし、おまとめローンで借金をしている総額をすべて1社でまとめることにより、利息も下がりますので返済額もさがります。もちろん、返済日も一回になりますので管理もラクになりますね。

 

 

おまとめローンで人気のオリックス銀行カードローンは業界でも最低水準の低金利として人気のキャッシングサービスですので、複数のクレジットカード会社から借金があって返済が大変ならおまとめローンを利用しましょう。

 

 

一緒に読まれています。
オリックス銀行カードローン 詳細情報


オリックス銀行



オリックス銀行カードローン 詳細情報

オリックス銀行カードローン 審査

オリックス銀行カードローン 難易度

オリックス銀行カードローン 職業別

オリックス銀行カードローン ちょっと変わった利用方法

おまとめに関する情報

借り換え情報

リボ払い

カードローン 情報

低金利のカードローン 情報

キャッシング 複数社

キャッシング 複数社

カードキャッシング情報

キャッシング情報

消費者金融 情報

クレジットカード 情報

利息を減らす

金利を下げる

金利を減らす

複数 借り入れ 情報

借金返済

借金減らす

他社借入

リンク集

このページの先頭へ